相続税対策

日本では、土地を持っているだけで税金(コスト)がかかってしまいます。
そこで、相続税をできるだけ少なくする節税対策は、いろいろな方法が行なわれています。相続税法上では、いくつかの控除が設けられていますので、これと相続する遺産の種類を組み合わせることによって、かなりの節税が可能となっています。

不動産の有効活用

賃貸マンションを建設することによる3つの相続税メリット

メリット1

賃貸マンションを建設すると、相続税法では土地を「貸家建付地」として評価をすることができます。土地を更地にしておくよりも土地の相続税評価額は概ね2割引きとなります。

メリット2

現金の相続税評価額は、現金の価値そのものです。しかし、現金を使って賃貸マンションの建物を建設しますと、建物の相続税評価額は、現金で持っているときよりも概ね6割引となります。

メリット3

賃貸貸マンションの建設資金を金融機関から借り入れた場合、この借入金は相続税を計算するときには、相続財産から差し引きができます。

不動産を有効活用し相続税評価額が減額されることで、相続税対策となります。

事 例

相続税評価額1億円の土地に、銀行から借り入れをして、建築価額1億円マンションを建設した場合

効果の程は土地によって異なりますので、詳しくはお尋ねください。

相続税対策で最も重要なポイント!

相続は早めの対策!

不動産の相続対策は、検討にも実行にも時間がかかります。資産を持っている人ほどトラブルを避けるために、早めの対策が必要となります。

相続税の原資確保

更地にマンションを建設すると、相続税の減額だけでなく家賃収入による所得の増加で相続税の納付の原資が確保できます。

税理士さんに相談

オーナー様に安心して頂くために、専門的な知識を持った税理士さん同行のもと、第3者の意見も参考にし、相続対策のための提案を行っております。

売買事業本部 資産運用課

〒860-0804 熊本県熊本市中央区辛島町4-35 ラ・シック辛島1F
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜・祝日(土曜不定休)

TEL:096-322-1505 / FAX:096-322-1577

メールでお問い合わせ